オーダーに関するよくある質問


Q:代金のお支払いはどのようにすれば良いのでしょうか?


A:ミュージシャンモデル、スタンダード品、セミオーダー品につきましては、御注文後、必要部材が揃った時点で御連絡し、指定の銀行口座への振込みにてお支払いいただくことになります。

 フルオーダー品につきましては、品がお客様に届き、確認していただいた後に、指定の銀行口座への振込みにてお支払いいただくことを基本としますが、ストラップの価格が高額な場合(4〜5万円以上)や、材料費及びそれにかかる費用が多額になる場合は、製作前に内金を入れていただく場合もございます。



Q:返品は可能なのでしょうか?


A:品を気に入っていただけなかった場合は、返品に応じます。 品を返品していただいた後に代金を全額返金いたしますが、振込み手数料や品の送料に関しては負担していただく場合がございます。



Q:製作期間の目安はどれくらいでしょうか?


A:御注文されたストラップの仕様内容、および他の方の注文の状況によって異なりますが、1ヶ月以内には納品できるように心がけております。無地でシンプルな形のものであれば、4〜5日以内で納品が可能な場合もあります。



Q:ストラップの幅/長さの限界はあるのでしょうか?


A:素材となる牛革は、牛半頭分の一枚革で、それから切り出しますので、幅はかなりのものまで可能です。また、長さについても、長さ調整無しの1本革のもので、2m程度の長さまでは可能となります。



Q:ミュージシャンのかたへのプレゼントのため、ストラップの長さがわからないのですが?


A:演奏中の写真があれば、ストラップのだいたいの長さを割り出すことは可能です。また、そのかたの身長等のデータもあれば助かります。
 この上で、さらに長さ調整範囲に余裕を付ける等の手段で対応することにしております。


Q:どのような柄でも付けられるのでしょうか?


A:基本的には、レザーカービング(革彫刻)の技術で可能な範囲のものということになります。したがって、あまり細かいものや、細い線があるものはカービングは不可能となります。
 カービングではなく、布地等に使用する”熱転写シート”での図柄のプリントも行なえますが、革の下地色が透けてしまうことになりますので、図柄の種類によってその出来具合は異なります。



Q:ミュージシャンが使用しているタイプを再現してもらうことはできるのでしょうか?


A:そのストラップの各部の詳細な写真等のデータがあれば、ある程度は可能です。ただし、そのストラップが商品権等(登録商標等も)を持っているものであれば、製作できないものになります。



Q:漢字や、ひらがなでの文字刻印はできるのでしょうか?


A:可能です。ただし、市販の刻印の使用ではなく、文字の図案をトレースしてカービングで行なうため、あまり細かい部分の再現はできないものです。文字にもよりますが、きれいな形でカービングが行なえるのは30mm角程度の大きさまで(30mm角以上の大きさ)となります。



Q:飾り金具の類をお送りして付けていただくことはできるのでしょうか?


A:特定の金具の指定がある場合、また、当方での入手が難しい飾り金具等は、お客様が別途購入されて、それを支給していただく形で構いません。



Q:市販品のストラップにレザーカービングでの模様を付けることは可能なのでしょうか?


A:基本的には、レザーカービングは革を染色する前の素材状態で行なうことになります。またカービング用の革は専用に処理を施したものになりますので、通常の市販品では不可能となります。また、刻印を打つこともできないことになります。
 ただし、鋲やコンチョ等、穴を開けて付けるタイプの金具類であれば、取り付けは可能となります。
 または、レザーカービングを施した革を別途製作し、縫い付けること等は可能です。